ベットマットレス業界に新種、ジエルマットレスの特徴

今ベットマットレスに新しい話題が上がっています。

イタリア生まれのジエル ベットマットレス。過去にウオーターベットというベットが有名になりましたが、同じようなものでしょうか。ジエル ベットマットレスの売りをまとめました。

ジエル マットレスの起源

そもそもそ、イタリアにおいて医療用マットレスとして開発されてことが起源になるそうです。

柔らかさと弾力性を両方とも兼ね備えた機能性だということですが、近年のベットマットレスに求められている体圧分散においてはどのような得意な機能があるのでしょう。

・魅力その1 ウレタン素材にはない柔らかさ

一般にウレタン素材に体を沈めると弾力性があるので支えてくれますが、わずかに隙間ができるので体圧分散が起こりにくいと言えます。

一方で、ジエル素材の場合においては柔軟性があるので体圧も全て分散してしまうというのです。

そにために、寝返りのしやすさ、肩こり、筋肉疲労、血流の改善という健康面での期待ができるというわけです。

・魅力その2 弾力性を実現

表面はテクノジェルですが、一段下にはコンフォーミングフォームを採用、さらに下にはサポーティブフォームを採用しています。

このようなレイヤー構造がマットレスの弾力性をうんでいます。

さらに、ベットは頭から足元までインデントカット、アジャスタブルカットを採用しているので、横になった時には頭部、肩、ヒップという各部位の圧が体に負担になりにくい構造です。

ベットマットレスの厚みは3層構造、上下は7ゾーン構造になっています。

・魅力その3 ウレタン素材の不都合を解消

ウレタン素材の不都合といえば、匂いや科学物質、シーズンによる素材の変化でしたが、冬の低気温で素材が硬く感じるというデメリットをクリアーしているウレタンです。

また、ウレタンマットレスは蒸れるというマイナスもありましたが、蒸れの問題もクリアー、長時間就寝していても苦にはならないウレタンの寝心地を開発しました。

・魅力その4 マットレスのコスパ改善を実現

以下のような報告があります。

「7、8年の使用を想定した耐久試験でも99%以上の復元率を誇り、へたりにくさには自信があります。」

ウレタン素材は直ぐにへたる、もっとコスパが良くて、永久的なマットレスが欲しいという人に朗報です。

まとめ

イタリアから登場したジエルマットレス、おおむねお値段の相場は、シングル245,000円、セミダブル295,000円、ダブル345,000円とのこと。

非常に高価格帯ですね。ご興味のある肩はどうぞお試しいただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です